OPTICAL YABUUCHI

BLOG

RIDOL TITANIUM R-128

2016.09.14|Blog

こんばんは、オプティカルヤブウチです。

各社メーカー様より、秋のメガネの展示会のご案内が届くようになりました。

来期はどんな流れにシフトしいくのでしょうか、今から楽しみです。

 

さて本日は、リドルチタニウムのご紹介。

再生産の仕上がりを、首を長くして待っていました。

 

 

dscn2079RIDOL TITANIUM R-128

 

タフさ、無骨さとカッコよさをいいバランスで混ぜてくれるリドルより、跳ね上げフレーム(単式アルバイト枠)の到着です。

 

dscn2080R-128 col.3

 

幅4.3ミリの強度用リムをフロントに採用した、ボリューム感あるシルエット。

それでいて跳ね上げ・・・、となるとどうしても野暮ったくなりそうですが、そこがリドル。

はば広にしたテンプルも含め、適度にシャープなフレーム形状にすることで「カッコイイ跳ね上げ」を実現しています。

 

dscn2083

一見してわかりませんが、この見た目から

 

dscn2084

ぱかっ!とこんな具合にレンズ部分がもちあがります。

 

dscn2085

 

裏面から見ても、ゴテゴテした部分は全く無し。

スッキリした作りこみは、跳ね上げの重さも感じさせません。

 

「手元が見づらくなったけれどもイチイチ外すのが面倒・・・」

「サングラスをかけたままの運転ではトンネルにはいった際の暗さが心配・・・」

 

などなど、意外とこんなスタイルを待ち望んでいた方は多いはず。

以前より「R-128×中近両用レンズ」「R-128×タレックスサングラス」などイロイロな組み合わせでご紹介をしていましたが、フレーム在庫の欠品が長く続いていました。

製造メーカーである小田幸様に、細々とリピート希望を出していた思いが通じたのでしょうか(笑

 

dscn2081R-128 col.5

 

ただ今店頭には、先ほどの3番カラー(ブラッシュブラウン)とこちらの5番カラー(ブラッシュチタン×ブラッシュグレー)がございます。

どちらも道具として信用できる、堅牢なつくりこみ。

 

dscn2082

どのように使うかは、お客さま次第で様々です。

「こんなコトに困っている!」というお話ありましたら、まずお声かけください。

最適な使い方を求めて、ご相談に乗らせていただきます。

 

OPTICAL YABUUCHI

 

OPEN:10:00~19:00

毎週木曜定休日

 

9月のお休み

1日、8日、15日、22日、29日

 

 

9-21 O_MACHI FUKUSHIMA_CITY FUKUSHIMA 960-8041
TEL.024-522-2659 / E-MAIL. info@eye-y.com
OPEN 10:00 ~ CLOSE 19:00 / 毎週火曜定休
©OPTICAL YABUUCHI
  • facebook