OPTICAL YABUUCHI

BLOG

秋フレーム特集! “男性編”

2018.10.06|Blog

こんにちわ。オプティカルヤブウチです。

いよいよ今日から三階のOOMACHI GALLERYで、スゲノマロさんの個展「フラッシュバック」と県庁通りの一大イベント、稲荷神社の例大祭が始まりますね。

三連休ということもあって、今年も通り一面が賑わいそうな予感がします。県庁通りにお立ち寄りの際は、ぜひとも芸術や文化に触れて秋の醍醐味を満喫してみてはいかがでしょうか。

 

ということで、本日は秋が深まるこれからの季節に向けたフレーム特集、男性編をお送りします。

今回ご紹介するのは季節感を取り入れたブラウン調のセルフレームです。なぜセルフレームがこれからの季節に合わせやすいのか?というのも寒くなってくると普段身にまとっているお洋服も、ニットやセーターなどボリュームのあるものが多くなってきます。そこでメガネも厚みのあるセルフレームにすることによって、お顔の印象だけでなく全体のコーディネートにまとまりが生まれるのでおススメです。

 

まずはこちらのフレームから。

REIZ RATTE.N

 

セルフレームでありながら、カチッとした印象のレンズシェイプが特徴のフレームです。ベースとなるカラーは木目のようなダークブラウン、表面にはうっすらグレーの生地を張り合わせています。

個人的にはスーツに合わせたビジネススタイルでもおすすめです。

 

EFFECTOR hook

 

先ほどとは打って変わってゴツくて重い、という言葉がぴったりなまさしく男らしいフレームです。お顔にインパクトや力強さが欲しい方にはたまらない一本ではないでしょうか。フレームカラーも合わせやすいダークブラウンなので肌なじみもよく、厚手のコートと合わせてもマッチします。

 

“12”homemade ROY

 

そして個人的な一押しがこちらのトゥエルブホームメイド。ヴィンテージを思わせるような厚みと色使い、そして何よりその磨きの美しさは他のセルフレームにはない高級感を漂わせます。古着を組み合わせたトラッドスタイルとは相性抜群です。

 

徐々に寒くなってくるこれからの季節、お洋服だけでなく眼鏡も衣替えをしてみてはいかがでしょうか。次回は秋フレーム特集”女性編”をお送りいたします。

 

松下さちこ個展「Poetic Justice」

mama!milk演奏会ご予約受付中です。お気軽にお問い合わせください。

 

10月の定休日

2日/9日/16日/23日/30日

今月22日は展示会出張のため検眼をお休みさせていただきます。予めご了承ください。

 

調光レンズのご紹介

2018.09.07|other(customize)

こんにちわ。オプティカルヤブウチです。

最近は地震や台風と、災害のニュースを聞く機会が多かったと思います。やはり福島で大きな災害を体験した身としては、インフラやライフラインのほか被害にあわれた方々の気持ちを思うと心配でなりません。

できることは少ないかもしれませんが、今は被害にあわれた現地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

 

それでは今回は、取り扱っているレンズの中から最近注目を集めている調光レンズをご紹介いたします。

FACTORY900 FA-201 可視光線調光レンズカスタム(遠近)

 

普段色つきのレンズと聞いて思い浮かぶのはやはり偏光レンズやカラーレンズなどあらかじめ色がついているものが多いと思いますが、この調光レンズは紫外線や可視光線(目に見える光)に反応して色づいて変化するレンズを言います。

メガネを常用されている方なら感じたことがあると思いますが、お出かけの時のクルマの運転や訪問先でサングラスとメガネをかけ替えるのが煩わしく感じたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

その点調光レンズは、紫外線や可視光線で自動的に色が変化してくれるので、かけ替えの手間も省けて荷物も少なくなるというまさに一人二役をこなせるレンズです。

それではここからは実際に画像で色の変化を見ていきましょう。

こちらがまだ光に当ていない状態です。このように室内ではクリアになっているため普段のようにメガネとしてご利用いただけます。

ではここから光を当てていくとどうなるでしょうか。

少し色づいているのがお判りでしょうか。窓際において数秒後の写真なのですが、レンズが反応しているのが見て取れますね。

そして最後の写真が置いて数分経った反応後の写真です。最初と見比べるとその差は一目瞭然、濃い色へと変化しメガネがサングラスになりました。

ご覧いただいた通り何かとメリットの多い調光レンズ。ご興味のある方はぜひご相談くださいませ。ブログでは伝えきれない実際の使用感や、ご利用の際の注意点など詳しくご紹介させていただきます。

 

 

9月の定休日

4日/11日/18日/25日

 

 

 

まだまだ活躍!サングラス

2018.08.27|Blog

こんにちわ。オプティカルヤブウチです。

先日まで開催しておりました利一作オーダー会に来ていただいた皆様、ありがとうございました。このイベントを通じて長く続く利一作のモノづくりに対するこだわりや、世界観を感じ取って頂けたら幸いです。

オーダー頂いたフレームは届き次第ご連絡差し上げますので、今しばらくお待ちくださいませ。

 

さて、本日は残暑が続くこれからもまだまだ活躍するサングラスのご紹介です。

お盆が過ぎ季節もすでに九月に差し掛かろうというこの時期、サングラスもそろそろ終わりかな?と思われるかもしれませんが実は九月も紫外線の量は多く、大事な目やお肌を保護するためにもしっかりとしたUVケアは欠かせません。サングラスにはまぶしさをカットする以外にもそういった役割があるので、ぜひとも通年掛けていただきたいアイテムのひとつです。

999.9 NP-601 col.694

 

今回選んでいただいたのは、フォーナインズのセルフレーム。王道を行くスクウェア型のフレームにレンズは偏光レンズのタレックスを組み合わせスタイリッシュな一本に。レンズカラーは全ラインナップ中最も濃いトゥルービューフォーカスをご提案させていただき、日中のまぶしさをしっかりカットするサングラスに仕上がっています。

トゥルービューフォーカスの可視光線透過率は12%と、色味としてはかなり濃いめのカラーです。上の写真のように屋内で撮影するとその濃さがお分かりいただけるかと思います。ではかけるシーンが想像しやすい自然光の下ではどうでしょうか。

 

さっきとは打って変わってフレームのササ柄が美しく見えますね。レンズの色味も和らぐのでサングラス特有のいかつい雰囲気も軽減され、街中でも掛けやすいのではないでしょうか。

 

日本ではまだ馴染みの薄いサングラスですが、組み合わせるフレームとレンズによっても様々な印象を作り出すことができます。ライフスタイルに合わせた一本をご提案させていただきますので、ご興味がある方はぜひ一度ご相談くださいませ。よろしくお願いします。

 

 

9月の定休日

4日/11日/18日/25日

 

 

 

 

AKITTO 新作フレームのご紹介

2018.06.16|News

早くも6月後半、ついに梅雨入りしましたね。

実は、この時期は春に発表されたフレームが続々と入荷しているので

店内では新作ほやほやのフレームがたくさん並んでいるのです!

眼鏡新調を検討している方は、まさに今がタイミング!かもしれません。

さて、その中でも今日ご紹介するのはAKITTOのフレーム。

AKITTO「les」

プリーツのドレスをイメージしたデザインです。

テンプルエンドはアンティークチェアの猫脚をイメージ。

シックでエレガントな雰囲気を醸し出しています。

ぜひお店でかけ心地を試してみてください!

persol サングラス

2018.06.15|Instagram

ic!berlin フレーム入荷!

2018.06.13|Instagram

ANNE ET VALENTINのサングラス

2018.05.27|Instagram

OLIVER PEOPLESのカスタマイズ

2018.05.27|Instagram

OLIVER PEOPLES Deckensにカラーレンズ(コパー75%)を入れました。 カラーレンズが入ると、印象もガラリと変わります。お客様のご要望で、鼻パットも純正からコート鼻に変更しました。これらのカスタマイズは、お店にあるフレームのほぼ全てにできますよ。 #oliverpeoples #オリバーピープルズ #ボストン #デザイン #ディスプレイ #display #interior #design #サングラス #sunglasses #日本 #japan #opticalyabuuchi #オプティカルヤブウチ #オプティカル #optical #メガネ #眼鏡 #めがね #レンズ越しの私の世界 #福島市 #福島 #fukushima #newyabuuchibuilding #ニューヤブウチビル

A post shared by OPTICAL YABUUCHI (@opticalyabuuchi) on

アンバレンタインと鼻パット

2018.01.13|Anne et Valentin

今日ご紹介するのは小さな顔の方へ贈る大きめフレーム。

ANNE et VALENTIN UMIX

ころんとした個性的な曲線と元気にバウンドするようなラインの強弱が、身につける女性達をフェミニンで柔らかい印象へと導きます。

テンプルの素材と色の使い分けがとてもキュート。

アンバレンタインのセルフレーム(プラスチックフレーム)は、こんな感じに鼻パッドが一体型になっているデザインが多いです。

デザイン的にはとても美しいのですが、平均的な日本人の顔にはちょっとパッドの高さが足りず

「デザインは気に入ったのだけど、なかなか自分の顔にフィットしない…」

とおっしゃるお客様がたくさんいらっしゃいます。

でも、ご心配はいりません!

当店では、お一人おひとりにフィットする鼻パッドに加工をすることができます。

こちらはピタームを施した一例です。

鼻パッドが透明なので、デザインにもあまり響きませんよ。

お気に入りのフレームを、最高のかけ心地で。

お困りの事がありましたら、ぜひご相談ください。

2月の定休日

6日・13日・20日・27日

”12”homemade MORGAN/COBBY47

2017.09.30|Blog

こんにちは、オプティカルヤブウチです。

夜のさむさがなんとなく、冬を連想させるようになってきました。

今年の夏はあっという間でしたが、秋はもう少し、長い方がいいですかね。

 

さて本日の紹介は、”12”homemade。

少しずつしか販売することのできないフレームたちですが、今のお店になくてはならない存在です。

今回は当店でちょっとアレンジを加えた、定番モデルの姿をご紹介。

 

 

上:MORGAN (スリートーン指定、ネイビー/グレー/クリア)

下:COBBY47 (段落としブロー・ツートン指定、ブラック/キハク)

 

手作りだからこそ、ひとつひとつの小回りがきく、と言えるのが土屋さんの作品のいいところ。

COBBY47は最近の土屋さんが得意とするブロータイプのボストン仕様で、お客様からのリピートも多くなってきています。

 

基本となるキハクの生地に対して、上から黒の生地を貼り合わせ、そして段落としに削っていく。

そして仕上げまでは長い時間をかけてじっくり磨き、ひとつのくもりも無いかたちでお店に届けられる・・・。

どれだけ手間のかかることをしているのか、想像するだけでも大変さが伝わります。

 

スタイルはクラシカルですが主張はほどほど。

手作りの存在感がまたしっかりと残り、手にした人の皆様が「おっ!」と言ってくれるそんなモデルになっています。

 

そしてMORGANはちょっと難題を相談し、3色の生地を貼り合わせてもらいました。

 

 

上からネイビー、真ん中にグレー、そして最下段にクリア。

どうでしょう、これをご自身で作っていくなんて、ちょっとワクワクしますよね。

こちらもややブロー風に見えるアレンジですが、ちょっと個性的な印象に仕上がりました。

 

土屋さんの作品には、どれも語りつくせないバックグラウンドがあります。

なぜこのパーツか、なぜこの造りなのか、なぜこの工程を挟むのか・・・。

私たちの目線でみたこの面白さを、ぜひ店頭でお話しできた。

 

ほんとうに世にひとつだけの、その人のためだけのフレーム。

そんな出会いがあるかもしれません。

どうぞ皆様のご来店をお待ちしております。

 

よろしくお願い致します。

 

OPTICAL YABUUCHI

 

OPEN:10:00~19:00

毎週火曜 定休日

 

10月のお休み

 

3日、10日、17日、24日、31日

9-21 O_MACHI FUKUSHIMA_CITY FUKUSHIMA 960-8041
TEL.024-522-2659 / E-MAIL. info@eye-y.com
OPEN 10:00 ~ CLOSE 19:00 / 毎週火曜定休
©OPTICAL YABUUCHI
  • facebook